読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Regrets in Bathing

カレーを週に一度食っていく

ポケモンGoが国内でリリースされて二日目

ポケモンGoは初日に飛びついた。今時のゲームは攻略情報が過多ですぐスポイルされてしまうし、ガチ勢と差がつきすぎてやる気を削がれるので、楽しみたいなら情報のないうちに飛び込むしかない。

で、個人的には結構楽しんでいる。この規模で社会的な何かが起こっているのを見るのは久々だ。

起きていたこと

  • 駅などで歩いている人を観察すると、10~20人に一人ぐらいはポケモンGoをやっている
  • 歩きスマホ率はかなり高い
  • 夜中に出歩いたら、駅前のロータリーに20人くらいが並んでポケモンGoをやっていた
    • たった2日で無属性の集団がゲームに最適化されてる感があり、異様だった
    • 新たな課題に対して、社会の方が変化して最適化された、そんな気がした

年齢層

  • 男性は30~40代が多いと思う。
  • 女性は20後半~30代が多そう。それ以上の人も珍しいが少しいる。

ユーザ属性

  • カップル。見た限り一番楽しそうにしている。
  • 友人同士
    • 男性は3人組が多い。
    • 女性はたいてい二人組である。
  • 一人
    • 男性はゲーマーっぽい見た目の人が多い。
    • 女性はOLっぽい人が多い。

所感

正直、ゲーマーはこの程度のゲーム要素だとすぐに飽きてしまいそう。

しかし、カップルや友人同士でポケストップを発見して楽しそうにしている所を見ると、別にゲームとしての完成度は重要ではなさそう。Ingressユーザのポータル芸がポケモン世代を楽しませているようだ。

文句はいろいろ言いたいが省略。全体的に監修が足りていないと思う。

ゲーム要素は軽めだが、スマホの外側に面白がれる要素が存在している。今まで認識すらしていなかった地蔵にルアーが刺さってポケモンが沸きまくるのとか、かなりシュールで面白いと思う。

非ゲーマーを行動させた、ということが大事で、そういった人たちが今後、店舗とのコラボなどの展開にどの程度乗ってきてくれるのか、気になる所。