No Regrets in Bathing

カレーを週に一度食っていく

ごはんデッキ構築

ある程度見栄えのする食卓にするには、一汁三菜にする必要がある。 しかし一汁はともかく、三菜を毎日考えるのはつらい。

一日に下せる判断の数は限られていると聞く。 食べるくらいのことでいちいち考えたくない。 思考ルーチンを固めておきたいところだ。

言っておくが料理は下手である。

制約条件

買い物ができる状態では、材料はボトルネックにはならない。 どちらかと言えば、大事なのは同時に調理できる数とか環境だ。

調理器具

  • コンロは2つ
  • レンジ+ルクレーゼ
  • 味噌汁用鍋
  • フライパン
  • 深い厚手の鍋
  • ミニ鍋(ソースパン?)
  • 玉子焼き用フライパン

鍋とコンロ一つは味噌汁で専有されてしまうので、 三菜をコンロひとつとレンジで作らねばならない。

1菜目(少し冷えてもいいもの)

レンジで作れるものだと、安全だし放置できて楽である。 最初に作って入れっぱなしにしておけば保温にもなる。

  • 魚(レンジ蒸しが楽)
  • おひたし、煮浸し(小松菜もしくはほうれん草があれば)
  • きんぴら
  • ナムル
  • 玉子焼き
  • ほうれん草と卵のサラダ

味噌汁

基本的に葉物野菜のあまりで作る。 何もなければ、なめこや豆腐、油揚げと乾燥わかめで作ればよい。

2菜目(非加熱料理)

1菜目作ったあとに材料を切っておき、和えるのは最後で良い。

乾燥わかめ、キャベツ、トマトでとりあえずサラダは作れる。 タンパク源がなければ蒸鶏を乗せてバンバンジー風とかでもよい。

面倒な時はつけもの(浅漬やキムチなど)を買ってくる。 もしくは半額コロッケとかでもよい。

3菜目(メイン)

メインディッシュなので量を作らねばならない。 基本的には肉(ベーコンや豚コマ、ひき肉、鶏肉) または豆腐などで作る。

  • 中華(麻婆豆腐やチンジャオロースなど)
  • 和食炒めもの(生姜焼きや味噌炒めなど)
  • 煮込み料理(ポトフ、カレー、ミルフィーユ鍋など)
  • パスタ

しかし、米+炒めものばかりだと飽きるので、少しレパートリーを増やしておきたいところ。

広告を非表示にする